【現場レポ】Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE【日本武道館2018~後編~】

【現場レポ】Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE【日本武道館2018~後編~】

本記事は、2018年10月29日に東京都の日本武道館にて開催された、

Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE」の、

参戦レポート【後編】である。

 

前編は下記リンクからご覧ください。

Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE」現場レポ【前編】

 

■日時 2018年10月29日(月)17時30分開場 18時30分開演

■会場 日本武道館 キャパ:約14,000人(ステージの仕様によって変更あり)

■交通手段 車

チケット番号 2階席 東スタンド L列 〇番

 

→ハロプロのLIVE動画を無料で楽しむ方法は、下記の記事をご覧ください。

ハロプロのLIVE映像を無料で観るなら「U-NEXT」がおすすめ【配信動画リスト有り】

 

前編のあらすじ

開場時間の2時間半前に日本武道館へと到着したのだが、グッズ列にはすでに長蛇の列が。速攻で心が折れたので、潔くグッズを諦めて、夕飯を食べにインドカレーのターリー屋へと向かう。ターリー屋では、ゴルゴンゾーラチーズナン+プレミアムバターチキンのセットを注文し、完食。お腹も満たされたので、会場へと戻る。

開場予定時刻は18時30分だったが、実際に開場されたのは18時50分。約20分の遅れだ。私の席は、2階席東スタンドL列である。2階席だけあって見晴らしが良く、想像していたよりもステージに近かった。

こぶしファクトリーつばきファクトリーのオープニングアクトが終わり、会場のボルテージは少しずつ上がってきている。そして、いよいよ、Juice=Juice日本武道館2018公演がスタートしたのだった。

 

セットリスト

開演されて驚いたのは、ファミリー席の座席が非常に多かったことだ。1階席全部と2階席前方がファミリー席になっている。今まで何回か日本武道館に来ているが、これだけファミリー席の範囲が広く確保されているのは今回が初めだ。なので、通常席はアリーナ2階席の真ん中から後ろだけのようだ。私の座席である2階席東スタンドL列は、意外と良い席だということが判明した。

それでは、セットリスト(セトリ)を見てみよう。

・オープニングアクト
今夜だけ浮かれたかった(つばきファクトリー)
ドスコイ!ケンキョにダイタン(こぶしファクトリー)

01.Borderline
02.Vivid Midnight
03.初めてを経験中
04.アレコレしたい!
05.もしも…(モベキマス)(宮崎、梁川)
06.素直に甘えて
07.メロディーズ(GAM)(金澤、高木、植村)
08.SEXY SEXY
09.裸の裸の裸のKISS
10.LOVE LIKE CRAZY(後浦なつみ)(宮本、段原、稲場)
11.イジワルしないで 抱きしめてよ
12.Fiesta!Fiesta!
13.KEEP ON 上昇志向!!
MC
14.私が言う前に抱きしめなきゃね
15.GIRLS BE AMBITIOUS
16.ロマンスの途中
17.Never Never Surrender
18.禁断少女
19.未来へ、さあ走り出せ!
アンコール
01.シンクロ。
02.Goal~明日はあっちだよ~
MC
03.Magic of Love

ハロプロノート様のブログより引用)

コンサートの開演時刻が18時30分、終了時刻が20時40分頃だった。公演時間はおよそ2時間10分といったところか。それでは、印象に残った曲を見ていこう。

 

印象に残った曲

■01.Borderline

おや、この曲はいったい…?後のMCで判明したのだが、このBorderlineという曲、どうやら新曲だったみたいだ。サプライズで披露してくれたのだろう、ありがたい。どのような曲調だったか覚えていないが、これから少しずつ馴染んでいくだろう。

 

■05.もしも…(モベキマス)(宮崎、梁川)

ゆかにゃんやなみんで、モベキマスのもしも…を披露してくれた。もしも…と言えば、ハロプロ往年の名曲で、ハロコンやバースデーイベントなどで未だによく歌われている。曲の中盤まで、何の曲か思い出せなかった自分が恥ずかしい…。この曲は歌詞が可愛いんだよね。ゆかにゃんに「チューしてー!」なんて言われた日には、もう悶絶するしかないでしょう。

 

■07.メロディーズ(GAM)(金澤、高木、植村)

そして、これ!メロディーズ!初めて聴いたよね。GAMってグループ名も聞いたことがなかった。終演後に調べてみると、あややとミキティーによるユニットらしい。いやー全然知らなかったわ。まあ、曲に関して特に言うことはない。私が言いたいのは「かなとも、さゆき、うえむーの3人がセクシーセクシーすぎる!」ということだけだ。

特にうえむーが艶やかすぎて焦ったが、かなともさゆきも色気が増していた。時の流れとは早いものだ。数年前まで子供感満載だったメンバーが、今では立派な大人になっている。でも、色気だけでは物足りないんだよね。うえむーたちのようにあどけなさと色気が共存してこそ、最高のアイドルだと思っている。

 

■12.Fiesta!Fiesta!

本ブログで何回も書いているが、私はFiesta!Fiesta!がめっちゃ好きである。なので、歌詞や振り付けのことに関しては割愛しよう。今回は演出が派手だった。そう、ステージと客席の間に設置している機械から、炎(火柱)が出るわ出るわ。これでもか~~!という程、火炎放射していた。2階席に居ても熱さが伝わってきたので、あれ、間近にいる人達ヤバいよね。いやーテンション上がったわ。ナイス演出。

 

■15.GIRLS BE AMBITIOUS

今回聴きたかった曲のひとつが、このGIRLS BE AMBITIOUSである。まなかんが加入したことにより、どのように歌詞が変更になるのか興味があったからだ。歌のしょっぱなからまなかんの歌詞が追加されていたので、見事に聴き逃してしまった。追加されたのはその一か所で、残りの部分は7人Ver.とたぶん一緒である。次回では聴き逃さないように、集中してスタンバイして待ちたい。

 

■Magic of Love

本公演のラストを飾ったのが、このMagic of Loveである。前回現場入りした10月10日のJ=J Dayでは、この曲は演奏されなかったので、今回は絶っっっ対に聴きたかった。だって、Magic of Loveと共に育ってきたようなものだからね。この日本武道館という大きな舞台で、どうしても聴きたかったんだ。

Juice=Juice LIVE GEAR 2018 ~Esperanza J=J DAY SPECIAL~【10月10日後編】

Magic of Loveをラストに持ってくるなんて粋なセトリだと思う。やっぱ外せないよね、この曲は。伴奏が流れた時点で、会場全体から「おおおーーー!」と歓声が上がる。この曲を心待ちにしている人が多かったことに感激。Magic of Loveはやっぱり最高の曲で、最初から最後まで会場が揺れるほどの盛り上がりを見せた。ほんと鉄板曲ですな。「大好き!thank you!!」また会おう!

そして、20時40分頃、無事にコンサートは終演となった。

 

印象に残ったメンバー

■植村あかり

今日のうえむーはとてつもなく可愛かった(いつも可愛いけど)。なんでだろう、日本武道館という最高の舞台との相乗効果で、いつも以上に可愛く見えたと考えるのが普通である。

が、しかし、私にはもう一つの理由が分かっている。そう、それは、髪型のせいだ!オープニングから5,6曲だけポニテを披露してくれたのだ。うえむーのポニテは最高に可愛いとここに断言しよう。より幼く見える。いつもは髪を下ろしていて大人っぽく見えるので、ギャップ萌えをしてしまった。ポニテうえむーはたまにしか拝むことができないので、これだけで今日来た甲斐があった。

しかも、その後もコンサートの途中で、何回か髪型を変えていた。恐らく3回変えたように記憶している。MCで判明したのだが、この公演の直前(17時頃)に前髪を切ったらしく、メンバーを唖然とさせていた。こういう破天荒のところも含めて植村あかりなのだなと、再確認させてもらった。←勿論良い意味で。

 

■高木紗友希

うえむーと同じで髪型の話になるのだが、さゆきの髪型がショートヘアに変わっていた。イメチェンなのだろう。女性って髪型を変えると、大幅に印象が変わるよね。しかも、相変わらず迫力のある歌声だし。充分堪能させてもらったよ。ありがとう、さゆき

 

感想

Juice=Juice日本武道館公演は、非常に楽しいコンサートであった。やっぱりJuice=Juiceのコンサートは良いね。歌は迫力があるし、ダンスも見ていて爽快だ。メンバー全員がキラキラして輝いていた。席も2階席にしては見やすい位置だったので、満足度はかなり高い。

演出も例年よりは派手になっていたので、その点も評価できる。Buono!や℃-uteの曲や「大人の事情」がセトリに入っていたら尚良かったのだが、それは求めすぎだろう。次回に期待したい。

そういえば、コンサートの合間に新グループがダンスを披露してくれていた。CHICA#TETSU(チカテツ)雨ノ森川海(あめのもりかわうみ)だ。グループ名がダサいと評判だが、今後も頑張ってほしい。

ちなみに新グループの中では、前田こころを推している。先日の、演劇女子部「タイムリピート~永遠に君を想う~」に出演した際に、役がとても似合っていたので一気に評価が上がったからだ。

【Juice=Juice現場レポ】演劇女子部「タイムリピート~永遠に君を想う~」を観てきたよ


それでは、この辺で「Juice=Juice LIVE 2018 at NIPPON BUDOKAN TRIANGROOOVE」の現場レポを終了させて頂きます。次回は、10月23日(祝・金)に行われるJuice=Juice in 甲府に参戦予定です。またお会いしましょう。